住まいのことなら LIXILリフォームショップ

住まいのことなら LIXILリフォームショップ

#おうち時間を大切に

LIXILリフォームショップハウズ 武蔵野店

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-616-881 東京都武蔵野市八幡町2-2-2

LIXILリフォームショップハウズ 武蔵野店

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-616-881 東京都武蔵野市八幡町2-2-2

トイレリフォームをしようと思ったら、、、

受付業務をしていて、お問い合わせが多いのがトイレのリフォーム。

使う回数も多いですし、不具合が出たら1番困るのがトイレですよね。

 

トイレリフォームをしようと選び始めると、種類が多くて、比較検討が苦手な私は、何がどう違うのかと悩んでしまうと思います。。。

私以外にもそんな方がいらっしゃるんじゃないかと、主要メーカー3社(LIXIL・TOTO・Panasonic)のトイレについて、調べてみました!

 

まずは大まかな機能の違いから、、、

 

タンクレストイレ と タンク有りトイレ

 

読んで字のごとく、水を溜めるタンクが無いトイレと、有るトイレ。

 

タンクレストイレの方が、やはりコンパクトでトイレ空間を広々と使えますね。掃除もラクそうです♪

 

以前は、タンクレストイレをマンションに取り付けるのには水圧が必要で、取り付けられないこともあったようですが、最近は改善され、マンションでも設置出来るようになってきているそうです。

また、タンクレスだと停電になった時に流せない。。という話しもありますが、大体は手動に切り替えられるようになっているとのこと。水を汲んできて流せば停電でも使えるそうです。

ただ災害時は、マンションなどでは水は流してはいけない場合が多いそうなので、そこはタンクレス、有り、どちらも気を付けてください。

 

タンクレストイレは、LIXILでは「サティス」、TOTOでは「ネオレスト」がタンクレストイレです。

 

サティス111.JPG

↑LIXIL「サティス}        ↑TOTO「ネオレスト」

 

Panasonicは全てがタンクレストイレでした!

Panasonicトイレ

 

上記以外の商品は、タンク有りトイレです。

 

シャワートイレ一体型便器 と 組み合わせ便器

 

これも呼び方の通り、シャワートイレ便座と便器が一体になっているか、別々のものを組み合わせているかです。

シャワートイレ便座、TOTOではウォシュレットと呼びますね。

 

【シャワートイレ一体型便器】

一体型は便器とシャワートイレ便座に継ぎ目が無い(少ない)ので、掃除がしやすいです。ただ、故障すると、基本は全部取り替えになるので、費用がかかります。が、種類によってはシャワートイレ便座部分のみ取替られるものや、メーカーで修理をしてくれたりするので、故障しても取り替える前に問い合わせてみた方が良いそうですよ。

 

主流は一体型のようで、商品の種類が多いです。

 

LIXILでは「プレアス」「アステオ」「アメージュZシャワートイレ」、TOTOは「GG」、Panasonicは「アラウーノL150」「アラウーノS160」「アラウーノS141」などがあります。

 

プレアスアステオアメージュZシャワートイレ

↑LIXIL「プレアス」 「アステオ」 「アメージュZシャワートイレ」

GG

↑TOTO「GG」

↑Panasonic「アラウーノL150、S160、S141」

 

【組み合わせ便器】

組み合わせ便器は、例えばシャワートイレ機能が付いている便座が故障してしまっても、シャワートイレ便座でも、普通便座でも取り替えがし易いです。

 

LIXILでは「アメージュZ便器」、TOTOでは「ピュアレスト」が組み合わせ便器になります。

 

アメージュZアメージュZ←LIXIL「アメージュZ」

ピュアレスト←TOTO「ピュアレスト」

 

 

次は、見た目の違いでまとめてみました。

 

キャビネット付トイレ

 

キャビネット付トイレは、タンクや給水管などをキャビネットにかくしてしまうので、見た目がスッキリして、トイレが広く感じられます。収納も確保でき、キャビネットの上をカウンターとして使ったり、手洗いを付けることも可能です。

 

トイレを取り替えても、見映えが変わらず、がっかりされるお客様もいらっしゃるようですが、キャビネット付トイレなら雰囲気がガラッと変わりますね♪

 

リフォレリフォレ

↑LIXIL「リフォレ」

レストパルレストパルレストパル

↑TOTO「レストパル」

 

壁掛便器

 

壁掛け便器は、キャビネット付トイレと似ていて、背面にタンクや給水管などを隠し、さらに便器が地面から浮いた状態で設置されているトイレです。

 

何より床の掃除がラクになります!

体重の重い人は大丈夫なの?と思ってしまいますが、そこはもちろん商品として販売しているので大丈夫ですよね。LIXILのフロートトイレは耐荷重220㎏とのこと。

 

フロートトイレ←LIXIL「フロートトイレ」

レストパルFFDFD

↑TOTO「レストパルF」  ↑TOTO「FD」

 

トイレ選びのポイントとしては、金額を抑えたいのであれば、今付いているトイレと同じようなタイプの物を選ぶこと。給排水の位置などが変わると、工事代が高くなったりします。

 

節水で考えるのであれば、今時はどの商品にしても古い物と比べれば節水になるかと思います。

 

価格

 

ご参考に、メーカーの定価・税抜き・便器のみの価格です。

シリーズやグレードによっても価格は変わります。

もちろん、これは定価なので、実際リフォームする際には、お値引きがあり、工事費用がプラスされます。

詳しくはぜひ、お問い合わせください!

 

タンクレストイレは、LIXIL「サティス」25.5万円~

          TOTO「ネオレスト」29.5万円~

          Panasonic「アラウーノ」22万円~

 

キャビネット付トイレは、LIXIL「リフォレ」25.2万円~

            TOTO「レストパル」29.4万円~

 

壁掛便器は、LIXIL「フロートトイレ」39.8万円~

      TOTO「レストパルF」41.5万円~、「FD」29.8万円~

 

シャワートイレ一体型便器は、LIXILは20万円~

              TOTOは23.9万円~

 

組み合わせ便器はシャワートイレ便座によってかなり価格が変わるので何とも言えませんが、便座なしの価格は

LIXILは9.8万円~、TOTOは10.3万円~、Panasonicは10.5万円~という感じです。

 

 

おまけ

 

参考程度に、営業さんから聞いて「なるほどぉ!」と思った因みに話し。。。

 

その1 手洗器ですが、タンクの上に付いているタイプは場所も取らないし、水も再利用で良い!と思っていたのですが、小さいお子さんは手が届きにくく、上手に洗えなくてまわりを水浸しにしてしまうことも。。また、高齢になってくると、水を流すために振り返った時によろけたりして危ないので、手洗器は別にした方が良いよ。という話し。

最近はコンパクトな手洗器も充実しているので、「うちのトイレは狭いから・・・」と思っているお家でも付けられるかもしれません!

 

その2 シャワートイレ便座、馴染みが無い人は、どうせ使わないし、価格を抑える為にも無くていいかな・・・と考えがちですが、今時は無いトイレは使いたくない!という人も多いそう。子どもでもそういう子が居るとも。なので、自分は使わなくても、来客のことを考えると、シャワートイレは付けた方が良いと思いますよ。という話し。

 

良かったら参考にしてみてください!!

 

 

お家のお悩み・お困りごとは、ハウズ武蔵野へお気軽にご相談ください。

ご連絡お待ちしております!

 

ハウズ武蔵野

http://www.hauz-m.co.jp/

一覧へ戻る

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0120-616-881

PAGETOP