住まいのことなら LIXILリフォームショップ

住まいのことなら LIXILリフォームショップ

#おうち時間を大切に

#お店で/おうちでショールーム

リフォームビジネスを、LIXILといっしょに。
加盟店募集のご案内

LIXILリフォームショップライファ鵠沼

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-77-3587 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷1-9-20

LIXILリフォームショップライファ鵠沼

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-77-3587 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷1-9-20

LIXILのヴィータスパネルで防災の準備も安心

LIXILリフォームショップのライファ鵠沼のヒロコです。

9月1日は防災の日

今年も台風のシーズンがやってきます。皆さま、防災の備えはおすみでしょうか?

       

万が一のために、自宅に食料などを備蓄するときに、NGな場所は

押入れの奥・・・取り出しにくい、賞味期限が切れても気づかないなどの理由で、あまりおすすめできません。

床下収納・・・大雨による洪水や津波などの水害時には浸水しやすく、地震の時には扉の変形によって開かなくなることも

頭より高い場所・・・災害時に取り出しにくく、また地震のときに落ちてくる危険も

         

     

LIXIL収納のヴィータスパネルなら、非常食や防災グッズの収納にも最適です。

一般的に、「通常の災害であれば1人3日分」「大災害であれば1人7日分」の防災グッズが必要と言われています。

家族の人数にもよりますが、3日分の食料と水だけでも、結構な量になりますね。

LIXILの収納のヴィータスパネルなら、ちょっとしたスペースに収納を作ることができ、

棚の位置も自由に変えられるので、高さの違うものでもラクラク収納できます。

災害時の備蓄品の収納のコツは

●ラベルなどを貼り家族が誰でも分かるように収納すること

●自宅の1階が浸水した時を想定して、2階にも収納場所を確保しておくこと

防災グッズの見直しも大切ですね

去年の台風の時に懐中電灯用の単1の電池をコンビニに買いに来たお年寄りがいました。

あいにく単1電池が品切れで、そのお年寄りは電池を買うことができませんでした。

懐中電灯も単4電池で使えるものもありますし、単4電池だとTVのリモコンにも使っているので、代用することも可能ですね。

私が無印で買った懐中電灯は、単3と単4電池を2本ずつ入れるものですが、電池が1本でも使えるという優れものです。

最近は便利なものもあるので、新しいものに買い換えるのもありかなと思います。

今年はコロナで台風時に避難場所に行くのも、色々な心配がありますが、

いつも以上の備えで、どうぞ無事に過ごせますように。


添付PDF (625.2 KB) 一覧へ戻る

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0120-77-3587

PAGETOP