LIXILリフォームショップ 丸和住宅
とちぎリフォーム株式会社
  • 2017年07月21日

  • 癒しを求めて

  • こんにちは。

    4月より第一住宅から移動して来ました。

    吉澤と申します。宜しくお願いします。

    さて、今回は、陽明門が綺麗になった、と言うことで

    日光東照宮へ行って参りました。

    その中で、いつもは、通り過ぎてしまう東照宮入り口

    前にある五重塔について説明したいと思います。

    皆さん、ニュース等でご存知かもしれませんが、塔の

    中心に心柱が据えられています。この心柱は、4層(4階)

    から鎖で吊り下げられていて、床下の礎石から10㎝程の

    所で浮いています。

    これが、優れた免震機能のようです。

    東京スカイツリーが、この五重塔の心柱構造を応用して

    作られたことでも話題になりましたね。

    私もニュースで知って、いつもは、通り過ぎてしまうのですが、

    敷地内に入って見て来ました。

    よく見ると五重塔の回りには、十二支の彫刻があります。

    これが、驚くことに、現、大平町富田の名士、後藤正秀氏が

    手がけたものでした。時代を超えて同じ大平町在住として、

    誇りに重いました。

    皆さんも時間が有りましたら、ぜひ見てきて下さいね。

    20170617_112729.jpg