LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0238-21-5100 山形県米沢市徳町7-52

LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0238-21-5100 山形県米沢市徳町7-52

ワンゲル仲間と今も続いて50年! ~・会長ブログ・~

こんにちは! 本多建設の本多和彦です。

毎月私がブログを更新する日は、8日か9日と決まっています。

11月は8日~10日と鳥取市に行き、

帰りは京都に一泊して帰ってくる予定です。

なのでこのブログは11月初旬に書いています。

鳥取行きは、大学時代の部活の仲間の集まりが、

昔は5年に一度でしたが、それが3年に一度となり、

2年前から毎年会うことになり、今年が山陰の鳥取市となったからです。

2年前は京都でした。

昨年はこの米沢で、私がホストとなり、

小野川温泉で一泊、翌日は上杉伯爵邸で昼食をして、

解散となりました。

部活は今は死語に近くなってしまった、ワンダーフォーゲル部でした。

有名な高い山をアタックして征服するのが山岳部なら、

名も知られていないような山々を渡り歩くのがワンゲル部(ドイツ語で渡り鳥)

といわれています。

昭和42年から1年間だけしか在籍していませんが、

その時の1年生の仲間との付き合いが50年近く続いていることに、

自分でもびっくりしています。

昭和43年からは学生運動がさかんとなり、学校封鎖が毎年半年以上も続き、

私たちはほとんど授業に出られず、部活もバラバラとなってしまい、

それが団塊の世代の学生時代でもあったのです。

1年生の時は、すべての合宿に参加していました。

5月の新人錬成合宿では、南アルプスの鳳凰三山を縦走、

初めての40㌔近い重いザックを担ぎ、バテれば先輩からの

ビンタが飛んできたもんです。夏は20日間ほどの合宿で、

5パーテイに分かれて、1パーテイ6~7名、

日本縦断の北は能登半島から、南は紀州和歌山の本州最南端の田辺までをつなぎ、

最終日には大台ケ原に全パーテイ終結し、感激したもんです。

私はその南紀のパーテイに配属となり、20日間生まれて初めて、

山の中でのテント生活を体験しました。

精神的にも肉体的にも、この時の体験がそれからの自分の人生に

自信のようなものが付いたいたことは間違いありません。

秋は1週間ほど秩父の山を渡り歩き、そういえば11月頃かな、

戸板女子短大のワンゲル部との合同ワンデリングというのを

伊豆大島でありました。同世代の女子大生との合宿は本当に

楽しいものでした。

翌年3月初旬九州合宿があり、私のパーテイは

鹿児島の指宿を出発点として、開聞岳を見ながら、アスファルトを歩き続け

人吉の五木村まで行った記憶があります。

年5回の合宿は、当時の1年生たちの絆が合宿の度に

深まっていったのかもしれません。

毎年となった我々の集まりは、あの1年間の密度の濃い合宿での苦労と思い出を

何度繰り返し語り合っても飽きないものなんです。

合宿の度にテントの中で歌った山男の歌は、

社会に出てからは、なんとなく気恥ずかしくて歌わなくなりました。

今思えばその歌は、もしかすると、日本の高度経済成長に対する

アンチテーゼだったのかもしれず、または、

世の中の速い流れについてゆけない不器用な男たちの

やっかみと自己弁護の自己陶酔だったのかもしれません。

そんな歌が我々は大好きでした。

今回もまたこの歌を全員で歌って、同じ話をく繰り返すんで

しょうなあー。

タイトル(思い出せない)

街をはなれて野に山に   行くて定めぬ俺たちは

夕べの星見てしみじみしのぶ  遠い昔の物語

あの娘は良家の御嬢さん  俺はしがない山男

山を歩いてなぐさめる  笑ってくれるなお月さま お月さま

はかない恋に泣いたとて  山鳥飛び立つ朝がくりゃ

俺達の心は喜びにあふれ  群れたつ鳥は夢を呼ぶ 夢を呼ぶ

暗い谷間をさかのぼり  峠の緑に出た時は

そびゆる白いあの峰に  向かって大きなあくびした

あーあくびした

2018.11.08

一覧へ戻る

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0238-21-5100