LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0238-21-5100

お問い合わせフォーム

LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0238-21-5100

無料でご相談

  • 2018年01月12日

  • 粋で洒脱で軽やかで!! ~・会長ブログ・~

  • 明けましておめでとうございます。本多和彦です。

    静かな正月を迎えました。

    我が家は長女夫婦と同居しています。

    4歳の女の子と2歳の男の子がおり、

    我が女房殿とで、6人家族となります。

    孫たちは正月期間幼稚園も休みで、久しぶりに

    毎日朝から晩まで顔を合わせていることになり、

    食料の買い物に一緒に連れて行っては、

    絵本をねだられれば買ってやり、

    ガチャボール買いたいといわれれば買ってやり、

    甘いじじいを存分に発揮したおかげで、

    「じいちゃん、じいちゃん」とおだてられて、

    あげくお年玉も奮発して・・・

    大泉逸郎の演歌「孫」の気持ちにどっぷりと浸かった正月でした。

    午後からは娘夫婦たちは遊びと買い物に出かけると、

    私と女房の二人だけとなります。

    なにもすることがないので、茶の間でテレビを見ることになります。

    二人の会話は天気のこと、つまりよく降る雪だとか、

    今日はあったかいねとか、そこからの会話の発展はほとんどなく、

    しーんとした中でテレビの音だけが大きく聞こえてきます。

    歳とともにテレビの音が聞こえにくく、ヴォリュームを上げていき、

    家族からはじいちゃんもっと音を低くして

    などと時々いわれますが、あまり気にしません。

    二人ともそこでテレビの音だけを聞きながら、ほぼ寝ているのです。

    周りが静かであればあるほど、テレビの音だけがしていると、

    妙に静けさを感じるものです。

    つまりは、平和で穏やかでいい正月ということになります。

    来年二月、満70歳を迎えます。

    いよいよアラセブンの古稀ということになります。

    仕事も実務は完全にゼロとなります。

    この数年来から落語や寄席に楽しみを見つけてきました。

    それをもっと深くやってみようかとふと思いつきました。

    思いつきだから適当です。

    何となく人生の軽さというものにこの身を置いても

    もはや誰もとがめはしないだろうと勝手に思い、

    洒脱こそ我が人生とちょっと気取りたくなったのです。

    そこでいい言葉を見つけました。

    高田文夫の「誰も書けなかった笑芸論」のなかに、

    次のような役者評価があります。

    戦後の浅草喜劇役者に「由利徹」という役者あり。

    彼の芸はひとことで言えば

    「品性の高い下品さと、崇高なるくだらなさ」にある。

    彼の域に近づくにはせんだみつお、高田純次がどうあがいても

    まだまだである、と。

    喜劇役者はおうおうにして一度シリアスなドラマに熱演すると、

    性格俳優になろうとします。

    それはそれで役者の価値観ですから、かまいませんが、

    徹頭徹尾、喜劇役者を全うするのも

    潔さじゃないでしょうか。私はその生き方が好きです。

    それこそが落語の本質のような気がするからです。

     今年から粋で、洒脱で、軽やかで!!!

    2018.01.12

お電話でのお問い合わせはこちら

0238-21-5100

メールでのお問い合わせはこちら

無料でご相談