LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0238-21-5100

お問い合わせフォーム

LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0238-21-5100

無料でご相談

  • 2017年12月08日

  • 閑中閑あり・・・ん? ~・会長ブログ・~

  • こんにちは! 本多建設の本多和彦です。

    あっという間に一年が過ぎようとしています。

    歳をとればとるほど時間が早く流れます。実務から離れて4年になります。

    毎日そう忙しくもないのに、一日が、一週間が、一ヶ月が、そして一年がどんどん過ぎてゆきます。

    現役の時はスケジュールがぎっしり詰まって、毎日それをこなしていくだけで、

    いつも明日以降のことを考えていましたから、時間の速さに気づく暇もなかったから、

    さして気にすることもなかったんでしょうね。

    最近はスケジュールに空白がでると、一応毎日のルーテインは決めているものの、

    別にノルマがあるわけでもないので、時々ふっと立ち止まり、過去を振り返ることが多くなります。

    そんなとき、時の過ぎる速さを感じるのかもしれません。

    振り返る過去の時間が長ければ長いほど、時間の量の多さに、速さを感じるんでしょうね。

    つまりは歳を取って老人になってきたということですね。年が明ければ、また一つ歳を重ねます。

    来年2月満70歳、古希を迎えます。

    二年ほど前から、ほぼ2ヶ月に一度の割合で友人と二人で東京日帰り旅行をしています。

    目的は寄席に行って笑って、その後、下町の小洒落た居酒屋で美味しいものを食べて、

    ちょっと一杯飲んで、帰ってくるだけですが、なかなかいいもんです。

    米沢を発ち、昼頃上野に着いて、まずは昼飯、必ず蕎麦を食べます。

    神田やぶそばか神田のまつや、「神田やぶそば」は2,3年前火事で焼けてしまい、

    新しく建て直しをして、藪総本家の味を残しています。「まつや」は今でも戦災から逃れたため、

    木造の戦前の建物としてあり、池波正太郎が愛したそばやでもあります。

    それから、「上野藪蕎麦」、「浅草藪蕎麦」と昔からのおそばやさんを探して食べ歩きするのも楽しみです。

    1時過ぎた頃、上野の鈴本演芸場か浅草演芸ホールの昼席に行き、寄席の雰囲気をたっぷり味わいます。

    浅草演芸ホールはいつも混んでいるので、満員の時は隣の東洋館で万歳とコント専門の劇場で笑ってきます。

    そこは昔、フランス座といって、ストリップ劇場だったところで、

    ショウーの合間にコントがあり、渥美清、ビートたけし、萩本欽一などが出ていたことで有名です。

    4時半に終わって、それから飲みにくりだします。夕方5時前後ですと、たいがいのお店に予約なしでも十分はいれます。

    浅草近辺ですとどじょうで知られる、「駒形どぜう」、隅田川沿いにあるうなぎの「前川」、

    桜なべでは、吉原の「中江」、鍋料理の浅草の「東南(たつみ)」、

    または神田まで行って、鶏すきの「ぼたん」、ここも戦災にあわず、

    木造の昔風の建物で、玄関を入ると、半纏を着たじいさんが下足番をしています。格好いいもんです。

    5時から飲み始め、6時半にはおなかもいっぱいとなり、この歳ですから、お酒も丁度良く、

    ほろほろとなって、上野に戻り、夜の7時20分発の新幹線に揺られて、缶ビール1本飲めば後は熟睡となり、

    二人の老人のささやかな旅を満喫して一日が終わります。

    「閑中閑あり」

    暇な中にも、充実した暇を遊ぶことこそ、若さの秘訣かもしれませんなあ!

    2017.12.08

お電話でのお問い合わせはこちら

0238-21-5100

メールでのお問い合わせはこちら

無料でご相談