LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0238-21-5100 山形県米沢市徳町7-52

LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0238-21-5100 山形県米沢市徳町7-52

日残りて 昏るるに 未だ遠し ~・会長ブログ・~

 

 こんにちは! 本多建設の本多和彦です。
 
 先月の2月、11日午後7時からBSフジで藤沢周平作、「三屋
清左右衛門残日録」(完結編)がありました。その前の週に
前編が放映されていたので、両方とも録画して、まとめて見
ました。私はその本は読んでいませんが、面白そうなので
楽しみにしていました。物語の主人公が北大路欣也ですから
なおのことです。
 
 ストーリーはそれほどではありませんが、北大路の存在感が
ぴったり合っていたような気がしました。小さな藩の役職の
あった侍が、息子に家督を譲り、楽隠居を決め込んで、
剣術道場で若い人たちを教えながら日々、悠々として暮らして
いたところ、藩のお家騒動に巻き込まれ、最後にはめでたく
片付けてしまうという話です。「残日録」とは隠居してから
の毎日を書き綴った日記で、お家騒動の顛末を書きしるし、
事が終わったところで、書き記した言葉が
  「日残りて 昏るるに 未だ遠し」
と書いて物語りは終わります。
 
 北大路の役柄も清潔さと侍の品の良さが十分出ており、
隠居にしては色気があり、自分を置き換えてあんな老後も
かっこいいなあなんてひとり感動して観ていました。
 
 ほとんど多くの私たち世代は、定年退職や現職を離れ、
外に出る機会が次第に少なくなり、身の置き所をどうしようと
するなかで、いやいやまだまだ自分の存在を示す場は
どこかにある、もう一踏ん張りも悪くはないぞと鼓舞して
くれるような作品でした。団塊の世代へのメッセージかも
しれません。
 
 それにしても北大路欣也はいい役者ですね。私の好きな
役者のひとりです。この人の評価がいまいち低いのは代表作
に恵まれなかったからです。70歳を過ぎてから渋みのある
役柄にあたることと、良い監督と作品に出会えばもっと華が
開くでしょうね。今でも十分格好いいですけどね。
 
2017.03.09

 

 

ライン1.jpg

 

 

山形県米沢市の住宅・新築・リフォームなら本多建設

株式会社 本多建設  

〒992-0047 山形県米沢市徳町7-52 

☎ 0238-21-5100    FAX 0238-21-4458

E-mail info@hondahomes.com HP http://www.hondahomes.com

家ライン 2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0238-21-5100