LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0238-21-5100 山形県米沢市徳町7-52

LIXILリフォームショップ本多建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0238-21-5100 山形県米沢市徳町7-52

私と旅ー四国編(土佐山田ー高知ー甲浦) ~・会長ブログ・~

 こんにちは! 本多建設の本多和彦です。
 
 
 昭和46年(1971年)3月5日(金)、さらに土讃線を南下し、
琴平駅から高知に向かう汽車のなかで、「夢野温泉」という
ひなびた場所にたった一軒しかない温泉宿の広告を見つけ、
高知駅の手前の土佐山田駅からバスで15分とありました。
 おとといからの夜行列車と連絡船とさらに電車に揺られ続けて
かなり疲れてもいたので、予算オーバーでしたが、旅の最初の
宿ということもあり、今夜だけはいいだろうと、行ってみること
にしました。予約もせずになんとか泊まれて、温泉に浸かり、
夕食をとるとすぐに寝込み、朝まで熟睡でした。
 
 当時の旅日記に一泊二食付きでいくらなのかを書き漏らして
いましたが、記憶では多分3000円から3500円ではなかったかと
思われます。また私は自前のカメラなどという高級品は持って
いませんし、バカチョンカメラもなかった時代ですので、当然
旅の記録は毎日の覚え書きのようなメモ帳と旅日記しか
ありません。写真がのこってでもあればもう少し思い出せたかも
しれませんが。
 
 3月6日(土)、夢野温泉から高知市までバスが出ており、1時間
10分で高知の駅前に着きました。期待していたはりまや橋は
なんの変哲もない、しかも全長10㍍ばかりの橋で、橋の下には
川がなく埋め立てられて花などが植えられていました。高知市
一番の繁華街となっている模様でした。駅前広場から通りの
並木道や公園などの木々はさすが南国を感じさせる棕櫚の木
などが見られ、初めて見る景観にうきうきしてきました。
 
 高知から室戸岬に向かうには、鉄道がないためバスとなります。
一日に出る本数が少ないため、今日中に室戸岬を通過して
北へ向かい、甲浦(かんのうら)を経て牟岐(むぎ)という町へ
行く予定ですのであまり高知に滞在する時間がありません。
あてのない旅には違いありませんが、お金もぎりぎりしか
持ち合わせていませんから、宿泊数は限られてしまいます。さらに
宿泊先はすべて国民宿舎に決めていますし、それより安い宿を
探すには時間がかかります。今と違って駅前には必ずビジネス
ホテルがあるという時代ではありませんから。多分フーテンの寅さん
が定宿にするような安い商人宿もあったでしょうが、慣れていませ
んから泊まりにくかったからかもしれません。
 
 高知の桂浜を見る時間がなく、はりまや橋から甲浦行きの土佐
電鉄のバスが出ており、それに飛び乗って高知を後にしました。
国鉄バスであれば周遊券で乗れるんですが、私鉄なので乗車賃
がかかります。甲浦まで780円とメモに書いてあります、その横に
予定外出費ともありました。
 
  バスは土佐湾を右手に東南の方向、室戸岬に向かって走り
ます。当時の日記から「空には一点の雲とてなく、閉め切られた
バスの窓から、容赦なく強い日差に照らされ、額と鼻の頭に汗して
早春の土佐湾の海を飽きることなく眺め続けていた。海は全く
静かにまぶしく輝いている。このまま時が止まれと思うほど
心地よい春のただ中にいる幸福を感じる。」
 
 室戸岬で5分の休憩の後、甲浦(かんのうら)に着いたのは午後
4時半、高知から4時間半。甲浦は小さな漁村で、人影もまばらな
ところ、そこからさらにバスにのり牟岐(むぎ)という町へ向かい、
10分ほどして水床(みとこ)というところで降りる。国民宿舎「水床荘」
はバス停から歩いて10分ほどで、国道からはずれたところにあり、
急な斜面を登りはじめると次第に立派な建物が見えてくる。
ホテルは断崖絶壁の上にあり、登り詰めればホテル以外何もなく
周りは海に囲まれ、絶景の極めつけという感じ。
 
 なんの心配もなくフロントで案内を請うと、部屋は満室と言われる。
考えれば今はシーズン中、予約もなしで泊まる方がどうかしています
といわれ、なるほどとは納得したものの、引き返すには遠すぎ、
どこでもよいから今夜だけとお願いしたら、こんな客は珍しくないようで
大広間でよければどうぞといわれ、広いに超したことなく、まずは
一安心。一泊二食付き1200円でした。7時前に夕食は終わり、今夜は
大広間は使わないようで、広々とした部屋の真ん中に布団を敷き、
海に面したベランダにでて、真っ暗な海を見ながら、遠くに漁り火だけが
はっつきり浮かび、満天の星を見上げながら、明日も晴れると一人で
つぶやいて、この旅が終われば、大学卒業となり、社会人となること
を思い出し、このまま永遠に旅ができればいいなあなどと思いつつ
すぐに寝付いてしまいました。

 

 

 

ライン1.jpg

 

 

山形県米沢市の住宅・新築・リフォームなら本多建設

株式会社 本多建設  

〒992-0047 山形県米沢市徳町7-52 

☎ 0238-21-5100    FAX 0238-21-4458

E-mail info@hondahomes.com HP http://www.hondahomes.com

家ライン 2.jpg

一覧へ戻る

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0238-21-5100