LIXILリフォームショップ工藤建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-090-212 大分県佐伯市中の島1丁目7番34号

LIXILリフォームショップ工藤建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-090-212 大分県佐伯市中の島1丁目7番34号

[社長ブログNo.283]バリアフリー化が不要と考える70代

こんにちは

「健康と幸せを運ぶ工務店」の社長工藤です。

今日も元気にやってますか?

またまた驚きました。

不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を利用した自宅を所有する50歳以上の方対象のアンケートで、自宅のバリアフリー化について聞いたところ、まだ考えていないと答えた方が、50代では45%、60代で39%、70代でも27%いました。

さらに、自宅のバリアフリー化が必要ないと答えた方は、70代が一番多く、27%もいたんです。

もちろんすでにバリアフリー化している住宅もありますが、それにしてもなぜなんでしょうか?
バリアフリー化を必要としない方が50台、60代、70代とだんだん増えるのがわかりません。

ご自身が「まだまだ元気だ、そんなものは必要ない!」と考えておられるからでしょうか。

家庭内事故の統計では、居間で起こった事故が36%と一番多く、次に台所が23%、そして階段が13%、浴室8%と続きます。特に65歳以上では、転倒・転落に結びつきやすい階段、脚立、床、玄関といった場所や設備での事故が多くなっています。

つまり、家の中でバリアフリーの対応をしておけば防げた可能性のある事故が多いのです。

お元気なことは大変結構なことですが、転ばぬ先の杖ということわざもあるように、備えはされておいたほうが安心ですよね。

住宅のバリアフリー化は、年齢にかかわらず安心して暮らすためには必要なことです。

そして、バリアフリーは今や手すりや段差だけではありません。

室温のバリアフリー化も健康上必要な時代になっています。

冬になるとテレビなどでヒートショックの危険性の特集が組まれますが、浴室や浴槽で亡くなる方が交通事故で亡くなる方の4倍近くもいるという事実から見ても、寒い住宅、温度差の大きい住宅の危険性はおわかりいただけると思います。

構造的なバリアフリーに加えて、温度のバリアフリーも考えてみませんか?

ご相談はお気軽にどうぞ。


では、今日もよい一日を!!


佐伯とともに54年「健康と幸せを運ぶ工務店」

有限会社工藤建設

代表取締役 工藤隆宏


HPはコチラ
http://kudo-kensetsu.com


facebook

高性能住宅の有限会社工藤建設

LIXILリフォームショップ工藤建設

工藤隆宏個人


LINE@

一覧へ戻る

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0120-090-212