LIXILリフォームショップライファ鵠沼

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-77-3587 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷1-9-20

LIXILリフォームショップライファ鵠沼

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-77-3587 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷1-9-20

LIXIL 夏の住まいの困りごとランキングTOP5

LIXLリフォームショップのライファ鵠沼のヒロコです。

ここ湘南藤沢、今日も暑いですね。お昼休みにランチを買いに近くのスーパーに。

すぐそこだからと日傘をささずに行ったら、首の後ろが焼けてヒリヒリ。

若いときは海でも行かない限り、日に焼けて痛いなんて思わなかったのに・・・

最近はすぐヒリヒリしてしまう。これも年のせい?

さて、気象庁のデータによると日本の夏は暑くなっていて、平均気温も100年前と比べて1.1度上昇しているとのこと。

そんな中、夏の住まいで困っていることのランキングを調べてみました。(LIXIL夏の住まいの快適BOOK 2020より)

夏の住まいのお困りランキング ベスト5

    

1位

冷房が効きづらい・・・光熱費が・・・

冷房が効きづらいという悩みがトップ。

暑いだけでなく、冷房をつけっぱなしにすることで、光熱費がかかり家計の大きな負担にも。

また長時間の冷房で体調をこわすことも。

2位

日差しで部屋が暑い・・・夏バテ気味に・・・

特に強い西日でたまらない暑さとなり、自律神経が乱れることで夏バテや食欲不振に。

健康にも大きく影響しますね。

3位

風通しが悪くてムシムシ

風通しが悪いことにより部屋に湿気がたまり、蒸し暑い状態に。

大量の汗をかくことで熱中症になる危険も。

4位

窓が開けられず熱帯夜で眠れない・・・

防犯性を考えると夜に窓を開けられず、部屋が暑くて眠れない。

部屋の温度は睡眠の質に影響し、寝不足が続くと健康を害することも。

5位

家にいても紫外線で日焼け・・・

窓ガラスをすり抜けてくる紫外線で、部屋のなかでも日焼けを起こします。

家具や床の色が変色する原因にも。

やはり、ベスト5は暑さに関係したものでしたね。

夏にニュースで耳にする「熱中症」ですが、救急搬送される人の数は全国で約7万1千人(消防庁2019年5月~9月)

その内の約4割は住居、家の中で発生しています。(住居38.6%、道路15.6%、屋外12.5%、その他)

特に体温調節機能が十分に発達していない子供や、温度に対する感覚が弱くなっている高齢者は

熱中症にかかりやすいので、注意が必要ですね。もちろん口のきけないワンちゃん、猫ちゃんも。

家の中が暑くなる原因は、ずばり外気熱、風通し、断熱性

この3大原因をなくせば、家の中は暑くならずに過ごしやすくなるということ。

では具体的な方法は・・・

長くなるので、次回のブログでゆっくりご説明したいと思います。

皆さま、水分を十分にとって熱中症に気を付けましょう。


添付PDF (13.3 KB) 一覧へ戻る

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら

0120-77-3587