中古物件の見るポイントは? 中古物件の見るポイントは?

中古住宅の購入にあたっては「隠れた不具合が心配」「耐震性・断熱性は大丈夫?」など、
品質面の不安を感じる方が多いようです。
そこでおすすめしたいのが、購入前の住宅診断(* ホームインスペクション)です。
診断の結果、修理・修繕が必要と判断されれば、その費用も含めた住宅購入全体の予算が把握できます。
また、新築と比較する場合、リノベーション代金なども含めてお得かどうかを判断することもできます。
そして何より、診断結果に沿った適切なリノベーションを行うことで、
大切な住まいの資産価値を維持し、住む人の安心につなげることができるのです。

中古物件購入にあたっての不安要素 中古物件購入にあたっての不安要素

お客様のライフスタイルに合ったリノベーションを実現するための、中古物件探しをお手伝いします。
建物の構造・設備環境などをプロの目で見きわめ、「立地や築年数」だけでは見えてこない
「本当の資産価値」を備えた中古物件をピックアップいたします。

  • 土地Check!
    敷地と道路の関係、
    違法建築でないかなど、
    不動産の現況確認をご案内します。
  • 住宅Check!
    専門家が、住宅の現況について
    調査を行い、不具合の有無、補修すべき箇所を
    客観的に検査します。
  • 設備Check!
    水道・電気工事などのやり直しは、
    想像以上に費用がかさむもの。
    設備関係まで入念にチェックします。

リノベーションに憧れはあるけど、設計プランをどのように立てたらいいか分からない……
そんな悩みをお持ちの方は少なくありません。マンションか? 一戸建てか?
また住宅の工法・構造によっても最適な設計プランは異なります。
建物の条件に合わせて、お客様の夢を実現するプランをともに考え、ご提案します。

戸建て住宅のチェックポイントは? 戸建て住宅のチェックポイントは?

  • Check Point 1
    壁や柱を外せる? 地震や強風などに耐えられるか、
    壁や柱の位置を確認。
  • Check Point 2
    窓位置の変更は? 住宅の建て方(工法)や
    外壁の仕様、材料をチェック。
  • Check Point 3
    階段は移動できる? 住宅の構造や法律
    の規制を確認
  • Check Point 4
    増築はできる? 建築面積が変更になる場合は、
    法令による規制を確認。

マンションのチェックポイントは? マンションのチェックポイントは?

  • Check Point 1
    バリアフリー化できる? 床の構造や、給排水の
    配管状況などをチェック。
  • Check Point 2
    天井がデコボコ! 天井の梁や、換気ダクトの
    位置もしっかりチェック。
  • Check Point 3
    配線がむき出しに! 天井や壁に懐のない構造では、
    配線位置もチェック。
  • Check Point 4
    水まわりの移動は? 建共有の配管スペースは
    移動できないため位置を確認。