リフォームのポイント

リフォームのポイント イメージ

思い通りのリフォームにするためには、リフォーム会社選びが最大のポイント。どんなに些細なことでも、リフォームが始まる前に分からないことを質問しておくことで、トラブルを回避することができます。

(この記事を読むのに必要な時間は2分)

リフォーム前にチェックするポイントは?

「リフォームのことは何も分からないから、リフォーム会社に任せよう」と思っていませんか?リフォーム前にしっかりと確認せずにリフォームを開始してしまうと「こんなはずではなかった・・・」という事態になりかねません。トラブルを回避するためにも、リフォームが始まる前に以下のポイントをしっかりとチェックしておきましょう。

費用

「契約書に記載されている費用は当初の見積り書と一致するか、または大きく変わっていないか」「支払方法などが事前に話し合った内容と一致しているかどうか」をしっかり確認しましょう。

工期と引き渡し日

引き渡し日が予定されていた工期より遅くなると、仮住まいの家賃も増えることとなってしまい、費用が予定よりかさんでしまうことがあります。
着工・完成の日とリフォーム会社の都合で工期が延期された場合の費用負担などは、事前に確認しておきましょう。

デザイン

リフォーム完了後に「思っていたイメージと違う」ということにならないように「希望しているリフォーム内容と一致しているか」をしっかり確認しましょう。 事前の打ち合わせの段階で、イラストや画像などを使って「どんな家・部屋にしたいのか」を具体的にリフォーム会社へ伝えておくこともリフォームを成功させるコツです。

リフォーム会社

「担当者はこちらの質問にしっかり答えてくれるか、対応で気になる点はないか」などを確認しておきましょう。 細かい点ですが「安心して任せられるリフォーム会社かどうか」を見極めることはリフォームをする上で重要なことです。

最大のチェックポイントは、リフォーム会社?

最大のチェックポイントは、リフォーム会社? イメージ

リフォーム前のチェックポイントから共通して言えるのは「リフォーム会社の質」。
リフォームの出来はリフォーム会社に左右されるとも言えるので、リフォーム会社の判断材料は多く持っておくべきです。
リフォーム会社の質は、見積り・無料相談の段階でもある程度は見極められます。先ほども挙げましたが「質問に的確かつ丁寧に答えてくれるか」は見極めのポイントで、相談をする際に細かい点まで丁寧に、実例を出しながら説明してくれれば安心です。

その他には「様々な知識と経験を豊富にもっているか」もポイントで、状況に合わせて適切な対応をしてくれるか見るようにしましょう。
例えば「カビ」や「結露」への対応が挙げられます。キッチンのシンク下にカビが発生している部分をリフォームしたい場合、そのまま壁紙を貼っただけではまたカビが生えてしまいます。しかし、知識や経験豊富なリフォーム会社であれば、家の建築素材や向き、窓の有無などその部分にカビが生える原因まで考慮した上で、より良い提案をしてくれるはずです。

不明点は聞くこと!

リフォームは人生の中で何度も経験するものではないので「水まわりの配管は変える必要があるのか」「追加費用の項目はどの部分に発生するのか」など、チェックすればするほど不明点が増えてくることもあります。
不明点が出てきたら、どんなに些細なことでもリフォーム会社に質問することをおすすめします。
リフォームを開始する前に、疑問や不安をクリアにした上で依頼することが、リフォームを成功に導くポイントであると言えます。