リフォームのローンとは

リフォームのローンとは イメージ

住宅購入時には「住宅ローン」を利用するのが一般的ですが、同様にリフォームにも「リフォームローン」が存在します。リフォームローンは、住宅ローンとは別に設定されていて審査基準も異なり、住宅ローンを支払いながら併用することも可能です。
住宅ローンとの違いや、申し込み方などを紹介します。

(この記事を読むのに必要な時間は2分)

リフォームのローンとは

住宅購入後の改装や増築、修繕などのリフォームに適用されるのが「リフォームローン」です。
大がかりなリフォームには1,000万円以上かかる場合もあり、費用の準備は簡単ではありません。しかし、リフォームローンを利用することで、住宅ローン同様に金利負担を抑えてリフォーム費用を調達することができます。

住宅ローンとリフォームローンの違い

リフォームローンと住宅ローンの違いは、主に以下の2点です。

住宅ローンとリフォームローンの違い

  • リフォームローンの諸費用負担は、住宅ローンに比べて少ない

    担保の要らない「無担保型」は、抵当権設定費用などの諸費用を支払う必要がありません。住宅を担保とする「有担保型」は、抵当権設定費用などが発生しますが、代わりに金利が低く抑えられます。

  • リフォームローンは審査が通りやすく、短期間で審査結果が出ることが多い

    リフォームローンも住宅ローン同様、審査が存在します。しかし、リフォームローンの利用はすでに住宅を持っていることが前提になっています。リフォームローンの場合は、申請者が一定の資産を保有していることが明らかなので、新築・中古を購入する住宅ローンと比べると、審査基準が緩やかで比較的早く審査結果が出る傾向にあります。

また、リフォーム内容などに制限はないことが多いため、大規模なリフォームには有担保型を、小規模なものには無担保型をと、状況に応じて使い分けることもおすすめです。

リフォームローンに関するよくある疑問

リフォームローンと住宅ローンの違いは、主に以下の2点です。

リフォームローンはどんな機関が扱っているの?

現在は公的・民間どちらの金融機関でも、住宅ローンと並行してリフォームローンを取り扱っています。

一般的に、住宅金融支援機構などのような公的機関は、抵当権設定のある有担保型のリフォームローンが大半です。一方で、銀行など民間の金融機関では、有担保型と無担保型の両方が設定されています。

どこのリフォームローンを利用すればいい?

住宅ローンを利用していなければ、どの金融機関でもいいでしょう。

しかし、住宅ローンと並行して利用する場合は、同じ金融機関を選ぶのがおすすめです。金融機関によっては、住宅ローン残高とリフォーム資金を合わせて住宅ローンの借り換えができるなど、融通が利く場合もあるためです。

審査期間は短いというけれど、どれくらいかかるの?

住宅ローンと同じで、金融機関によりまちまちですが、2日~1週間程度が目安です。

早くて2週間、場合によっては1ヶ月以上かかる住宅ローンと比べるとリフォームローンの審査はスピーディです。