リフォームのタイミング・きっかけ

リフォームのタイミング・きっかけ イメージ

リフォームを考えるタイミングやきっかけは、人によって様々です。
どんなタイミングで、何がきっかけでリフォームを決断するのか、住宅と住む人の「変化」が大きく関わってくるものです。
今回は、リフォームのタイミングやきっかけについて紹介します。

(この記事を読むのに必要な時間は2分)

リフォームを考えるタイミング

水回り イメージ

「リフォームをしよう」と考えるタイミングは、その時の家の状態や費用面の都合など様々です。その他にも「中古住宅を購入したとき」「老朽化による不便さを感じたとき」も、リフォームを考えるタイミングだと言えます。もともとリフォームは「老朽化」と密接な関係にあります。一般的に、家は様々な部材・工法を組み合わせて造られているため、全体的にではなく部分的に老朽化していきます。 また、家の中で最も老朽化が早いのが、キッチンなどの水まわりです。一般的な住宅のキッチンはおおよそ15~20年が寿命と言われており、一定の年月が過ぎると蛇口の水漏れが起こったり、ビルトインレンジが故障したり、シンクの汚れが目立ったり……と、不具合が生じてきます。 このような水まわりの老朽化に気づいたときが、リフォームを考えるタイミングと言えます。

一般的な住宅のキッチンの寿命

一般的な住宅のキッチンの寿命 イメージ

リフォームを考えるきっかけ

リフォームを考えるきっかけ イメージ

リフォームを考えるきっかけは、家の状態だけではなく、住む人自身も関係してきます。
国土交通省が毎年公表している「住宅市場動向調査」には「リフォームの動機」についてまとめられています。リフォームの動機で毎年上位に挙がるのは「家族人数が変わったため」「家族や自分の老後に備えるため」など、住む人の家族構成の変化や年齢など、ライフスタイルに関する回答です。
住宅そのものではなく、住む人のライフスタイルに何らかの変化が起こったことがリフォームを考えるきっかけになっているようです。

「タイミング」と「きっかけ」のどちらを重要視する?

リフォームの「タイミング」や「きっかけ」は、「住宅そのもの」もしくは「住んでいる人」のどちらかが変化することで生まれます。
「家の状態を見てリフォームを検討するか」「自分自身の変化を基準にしてリフォームを検討するか」のどちらにするかで、リフォームの時期も内容も大きく変わってきます。
いずれの変化も、どれくらい先に起こるものかはある程度予測できるので、あらかじめリフォームの計画を立てておくと安心です。