全面リフォーム 新築二世
よくある質問

子どもが独立して部屋が余っている。
そのスペースを活かしてパン屋を開業したいけど、できますか?

わが家の空きスペースを活かして、パン屋を始めるなんて夢があって素敵ですね。部屋と違って店舗は間口の開口部を大きく設ける必要があります。構造補強をきちんと行い耐震性を確認すれば、リフォームでも素敵な店舗は可能です。入り口にはウッドデッキを設けて、オープンエアで作りたてのパンを食べられるようにするのもいいでしょう。

夫婦二人なので、1階だけで暮らしたい。
余った2階を活かすよい方法って、ありますか?

1フロアでの暮らしは、上下階の移動による体の負担も少なく、夫婦がお互いの姿をいつも見守っていられるので安心感が増し、年配のご夫婦には人気のある住まい方です。間仕切りを少なくし、オープンなLDK+寝室を設けて、トイレや浴室を寝室の近くに配置すると将来の介護を受ける場合にもご不便なことは少ないでしょう。空いた2階は、シェアハウスや賃貸スペースに活用してはいかがでしょうか? 水まわりを共同とすれば、省スペースになります。

息子夫婦が同居したいという。
今から二世帯住宅にするなんてできるんですか?

最近は、ご両親のお宅を二世帯リフォームしてお子さま一家が同居するケースが増えています。リフォームする場合のポイントは水周りを共用するか、別々に設けるかでプランも完成後の暮らし方も大きく変わります。例えば2階にキッチン、浴室など水まわりを追加して、それぞれが独立して暮らせるようリフォームすること、世代の違いによる生活時間帯のズレを意識することが少なく、程よい距離感を保ちながら、二世帯が仲よくクラスことができるでしょう。

古い家なのでいたるところに段差がありよく躓きます。
段差をなくして、安全に暮らせるようにできますか?

高齢者が家の中で転倒する原因の大半が、床の段差です。昔の住まいには段差が多く、
これから高齢になる方の住まいには段差解消は必須です。全面リフォームの際には、床の張り替えを行うことも多いので、そのときが段差解消のチャンスです。同時に、床材を滑りにくい材質に変えて、出入り口を開け閉めしやすい引き戸に取り替え、手すりを廊下や浴室、トイレに設けると、将来にわたりより安全に暮らせます。

父の代で建てた家です。
なるべく古材を活かして全面リフォームできますか?

築年数を経た家には、今ではとても入手できないような貴重な木材を使っていることが多いものです。木材の寿命は育った年数と同じと言われ、数十年は強度が落ちず、充分使用に耐えます。良い部分は残して、新しく補強を行いながら、現代的な高い性能の家に甦らせることができるのです。古い梁や柱をインテリアの一部に取り入れる「あらわし」を用いることで、温もりのある落ち着いたインテリアになります。

両親の思い出の残る家なので住み続けたい。
でも寒いし、耐震性も不安。解消できますか?

古い家でも、建築のプロの診断で劣化した木材を交換し、筋交いや面材で必要な箇所を補強すれば、耐震性は現代の家と同等に向上します。こうした工事は壁を剥がして行いますから、同時に断熱材を入れる工事を行えば、快適性能も向上し、設備や内装の全面リフォームで、思い出を継承しながら、さらに快適に住み続けることができます。

中古住宅を買う前に物件内覧に同行して
アドバイスをもらえますか?

中古住宅は玉石混淆。よい物件に出会えば、リノベーションして快適に暮らすことができます。ポイントは劣化の程度を購入前に掴んで、補修費用と新たにリノベーションに使える費用を購入資金計画に盛り込むこと。専門家に同行してもらって、さまざまな観点からチェックすれば安心です。LIXILリフォームショップ加盟店にご相談いただければ、お買い得なのかどうかを適切にアドバイスいたします。

中古を建替えるより
全面リフォームはどれくらい安くできるんですか?

同じ規模で同等の仕様で比べた場合、全面リフォームが2〜5割程度安くなります。耐震補強や断熱など構造部をどれだけリフォームするかによっても費用は変わります。いずれにしても基礎をそのまま活かせたり、柱や梁などもその多くを残せたりすることが多いので、全面リフォームでも建替えより安くなることが多いのです。

仕切りの多い古い間取りはイヤ。
広いLDKのある今風の間取りにできますか?

間取りは、耐震性を損なわない範囲で、自由に変えることができます。LIXILリフォームショップとしてさまざまなライフスタイル提案を行っていますので、そのモデルプランを参考に発想を膨らませていただけます。例えば、共働きのご夫婦向けに家事動線を考えつくしたLDKと広い家事室のある「家事らくの家」プランなどがあります。

省エネルギーができ、環境に優しい家にしたい。
リフォームでもできますか?

省エネで環境に優しい家の基本は、きちんと断熱をし、採光・通風、遮熱に配慮して、自然に快適さを得られること。LIXILリフォームショップのライススタイル提案では、2階にリビングを設けたり、吹き抜けを設けたりとさまざまな提案を行っています。太陽光発電や家庭用燃料電池などの創エネ設備を配置することもできます。

リフォームすると税金で優遇されることって
ありますか?

耐震や省エネ、バリアフリーリフォームなどを行うと、20万円を限度に所得税から10%が控除される制度があります(バリアフリーは15万円が限度)。耐震などの工事を含むリフォーム費用全体が対象です。省エネリフォーム+太陽光発電システムの場合は、30万円が控除の限度となります。また、中古住宅を10年以上のローンを利用して購入した場合は、年末残高の1%が所得税から控除される住宅ローン減税が利用できます。

中古住宅購入もリフォームも
同じローンでできるんですか?

一般に住宅の購入には住宅ローンを利用します。これとは別にリフォーム専用のリフォームローンもあります。住宅ローンは有担保で金利が低く、リフォームローンは無担保で金利が住宅ローンよりも少し高いですが、手続きが簡単で借りやすいのが特徴です。
最近は、中古住宅専用有担保ローンでリフォーム費用まで一括して利用できる商品を都市銀行でも取り扱うケースが増えています。ご相談されることをオススメいたします。

リフォームにも新築住宅の様な
瑕疵保険があるんですか?

リフォーム工事の構造と雨水新入に関わる部分の瑕疵(不具合)を、最長5年間保証する「リフォーム瑕疵保険」を利用することができ安心です。
中古住宅を個人や宅建業者から購入する場合は、「既存住宅瑕疵保険」を利用すると、リフォーム同様に構造と雨水浸入に関わる部分について最長5年間保証が受けられます。いずれも新築と同様の保険法人が提供するサービスです。

リフォームする価値がある建物なのか
調べてもらうことはできますか?

構造の劣化状態などを調べるインスペクション(調査)を実施している加盟店があります。調べると、どの程度の補強工事が必要なのか、補強の余地はないのか、などがわかるので、中古住宅購入の際などもご利用ください。購入予定物件の地盤が心配なときは、系列会社による地盤調査も実施できますのでご要望ください。

ページの先頭へ