住まいのことなら LIXILリフォームショップ

失敗しない為のリフォーム基礎知識

【施工時】リフォーム中の仮住まいについて

リフォーム中はどこに住めば良いのでしょうか?リフォーム中の仮住まいについて紹介します。

リフォーム中の仮住まいとは

-建て替えやリフォームの規模によっては、一時的に別の場所で生活する「仮住まい」が必要になる場合もあります。

例えば、キッチンや洗面所などの水回りのリフォームを行うときは、リフォームが終了するまで水を使えず、トイレをリフォームする場合はトイレに入れません。
外壁の塗り替えなど室内に影響がないリフォームでも、落ち着かない環境が続いて気疲れしてしまうという人もいます。
しかし仮住まいをすることで、それらの問題を気にせず、ほぼ普段通りの生活が送ることができます。

仮住まいをする場合

仮住まいをする場合、まず住む場所の手配が必要です。

仮住まいは一時的な住まいなので、ウィークリー・マンスリーマンションやホテル、賃貸アパートなどがよくある選択肢として挙げられます。
1~2日で終わるリフォームならホテル、1~2週間程度なら短期間の居住を想定したウィークリーマンション、数ヶ月~半年かかるのであれば賃貸アパート、というように、リフォームにかかる期間に応じて使い分けることが多いです。

リフォーム会社によっては、仮住まいの場所として自社所有の専用物件などを手配してくれることもあります。
その場合はリフォームの事前相談をする段階で、並行して仮住まいの相談もしてみましょう。

また、住み場所だけではなく、家財の保管場所も用意が必要になった場合は、引越し会社の一時保管サービスを利用するのも手でしょう。

仮住まいをせずにリフォームする場合

リフォームの規模が小さい場合は、リフォーム中でも自宅に住み続けることは可能です。

-仮住まいの手配などの手間もかからず、費用も最小限ですみます。
しかし、日常生活の場が工事現場になるため、騒音や人の出入りなどは覚悟しておかなければなりません。

また、リフォーム内容によっては、舞い散る埃や塵、塗料の薬剤などで、シックハウス症候群にかかる人もいます。喘息や蕁麻疹などのアレルギーがある方や、小さなお子様がいるご家庭なら、仮住まいを検討することをおすすめします。

先に述べた通り、水回りのリフォームをする場合はリフォームが完了するまで水が使えないため、日常生活に不便をきたすことがあります。
リフォームの間はできないことを洗い出し、家族の生活リズムなども考慮した上で、あまりにも不便なら仮住まいを考えましょう。

仮住まいでのリフォームも、住みながらのリフォームも一長一短。
リフォームにかけられる予算や生活状況、リフォーム内容などを担当者と相談しながら、しっかり検討しましょう。

長く大切にしたい住まいの大きな決断だから
安心して頼めるリフォーム会社にお願いしたいと思いませんか?

家族みんなが笑顔になれる・安心のリフォームをLIXILリフォームショップはお届けします

お客様の気づいていない要望まで汲みとり、新しい暮らしのイメージを明確にしていきます。
工事の品質から完成後のアフターフォローまでしっかりとサポートして、
リフォームに対する不安を解消します。

お客様のご要望を叶えるための2つのリフォームサービス

  • 全面リフォーム新築二世

    全面リフォーム・リノベーションなら
    「新築二世」

    全面リフォーム「新築二世®」で住まいの性能を高め、
    新たな輝きと価値を与える
    リノベーションがコンセプト。

  • リフォームコンシェルジュ

    全面リフォーム・リノベーションなら
    「新築二世」

    「リフォームコンシェルジュ®」がお客さまとのコミュニケーションを大切に、“本当にしたい暮らし”を実現。

LIXILリフォームショップについて詳しく知る

まずはリフォームのプロに相談しましょう。リフォームの事ならLIXILリフォームショップにお任せください!

お近くの店舗を探す

地元で高い信頼を誇る優良施工店が、工事はもちろん、全てのスタッフのマナーまで、品質にこだわり、満足いただけるリフォームを実現いたします。

LIXILリフォームショップについて詳しく知る

ページの先頭へ