LIXIL presents わが家のリフォーム物語
BS 日テレ にて 2014年1月~2015年3月放送

“ 家の数だけドラマがある ”・・・リフォームで新しい暮らしを手に入れたご家族の物語を、リフォームのポイントとともにご紹介します。

  • TOP
  • LIXILリフォームショップ 大栄建設 金沢文庫

こだわりリフォーム

趣味を愛する夫婦の家
耐震性への不安から全面リフォーム 夫婦それぞれが趣味を満喫できる家を作りました

  • 耐震補強
  • 収納
  • バリアフリー

施工店 LIXILリフォームショップ 大栄建設 金沢文庫

家族構成:2人+猫2匹 築年数:45年 工期:6ヶ月

  • この施工店に問い合わせをする
  • この施工店の紹介ページを見る

神奈川県鎌倉市 木寺邸

お客さまの要望・こだわり

築45年と古い家のため、耐震性への不安を持っていました。また、冬はとっても寒く暮らしやすいと言える家ではなかったので、安心して暮らせる快適な住まいにしたいとリフォームを実施。将来に備えたバリアフリー化もお願いしました。

施工店からワンポイント

古いものの良さを残しながら、現代的な明るく暖かい快適な家を目指して、この形になりました。ご主人が音楽を楽しむ土間や奥様が活け花を行う和室など、趣味を愛するご夫婦ならではのこだわりが、随所に散りばめられたお宅です。

BEFORE → AFTER

BEFORE

AFTER

詳細は番号をクリック

南側にあった水回りを北側に移設。南の窓から暖かい陽の光が入る間取りに変更しました。図面上ではわかりませんが、部屋によって違っていた床の高さを、土間を除いてフラットにして、バリアフリーにも配慮した作りとしています。

引分け式の扉は、耐震補強のため片引き式にチェンジ。ヒバ素材の扉は、この家に合うようにと特注されたものだそう。瓦屋根をガル…

以前、リビングだった部屋は、多目的室として使う土間に。オーディオを趣味としているご主人のこだわりで、コンクリートの床が…

  • 南側にあった水回りを移設したことで、LDKには暖かい陽の光が差し込むようになりました。南北方向に窓があるため、風通し…

  • キッチンは、以前よりも少しコンパクトになりました。これは「持て余していたスペースを、居室として活用したい」という希…

  • お風呂やトイレがあった南側のスペースは、「老後はワンフロアで生活できるように」と、寝室として使うことを考えた洋間…

  • 二間続く和室は、以前からある変わらない部分。壁や畳を一新し、古き良き面影を残したまま、綺麗に生まれ変わりました。…

  • 無垢の素材にこだわったフローリングが美しい廊下は、一見するとすべてが新しく見えますが、天井は以前のままだそう。「…

  • 古い洋館のような雰囲気を漂わせる玄関まわり。扉の両横に設けられた明かり取りの窓が、明るさだけでなく、お洒落な雰囲…

  • 「居室を広くとって効率のよい間取りに」という希望で、コンパクトになったトイレ。でも、壁に鏡が設置されていることで、…

  • 「大きな窓があったために、寒くて仕方がなかった」というお風呂は、最新式のユニットバスになり、冬でも暖かい快適な空間…

施主様の声

昭和45年に建てられたこの家に私たちが引っ越してきたのは、16年前。私たちが住む以前に一度、リフォームされているようでしたが、ずっと耐震性に不安を持っていたため、将来の暮らしのことも考えて、リフォームを行いました。こだわりは、コンクリート床の土間です。娘も独立して夫婦2人の暮らしになりましたし、「少し贅沢してもいいかな」と、作ってもらいました。まだ、音楽鑑賞の部屋としてしか使っていませんが、活け花の集まりやホームパーティなど、いろいろな用途に使っていきたいと思っています。家の中が明るく暖かくなったり、段差が解消されたり、住みやすい家になりましたね。妻と2人、お互いに趣味を楽しみながら、いつまでも元気で暮らしていけたらと思っています。

このリフォームを誰に贈りたいですか?

ずっと一緒に暮らしてきた妻に贈るリフォームです。家で過ごす時間が長いのは妻ですから、快適な家にしてあげたいという気持ちは、ずっと前から持っていました。妻も暮らしやすくなって、喜んでくれているのではないでしょうか。

リフォームを贈ろう。

わが家の宝もの「叔父が作った“茶釜”」

これは、新潟で「釜師」の仕事をしていた叔父が作った茶釜です。おそらく、60年ほど前に作られたものだと思います。小さい頃から家にあって、母がこの茶釜でお茶を淹れていた記憶がありますね。昔はあまり興味を持てませんでしたが、ずっと一緒に暮らしてきたものだけあって、今では大切な宝ものになっています。今は床の間に飾っていて、使うこともなくなりましたが、なくなってしまったらきっと寂しい気持ちになるでしょう。和室の片隅で、いつも私たち夫婦を見守ってくれている、家族のような茶釜です。

施工店担当者の声

LIXILリフォームショップ
大栄建設 金沢文庫

担当:布谷 徳栄

当初はリビング回りのリフォームと耐震化工事を希望されていましたが、バリアフリー化や各所で見られた傷みの修繕を実施するため、結果的に全面リフォームとなりました。各所にこだわりを持って作られたこの家の中でも、特にこだわって作られたのが玄関の扉です。既製サイズではないため、ミリ単位で設計を行い、腕利きの建具職人に作ってもらいました。リフォームでは、施主様と私たち工務店とで完成イメージが合致するよう、打ち合わせを重ねていくことが大切です。完成イメージが共有できなければ、工事を始めることはできません。リフォームの成功の鍵は、工務店との信頼関係にあると思います。希望があれば、何でも気軽に話してみてください。

このリフォームで活用したLIXIL商品のご紹介

  • キッチン

    リシェル(サンウエーブ)

     

    リシェルHPへ

  • ユニットバス

    キレイユ(INAX)

     

    キレイユHPへ

  • トイレ

    サティス(INAX)

     

    サティスHPへ

  • サッシ

    デュオPG(トステム)

     

    デュオPGHPへ

  • サッシ

    インプラス(トステム)

     

    インプラスHPへ