LIXIL presents わが家のリフォーム物語
BS 日テレ にて 2014年1月~2015年3月放送

“ 家の数だけドラマがある ”・・・リフォームで新しい暮らしを手に入れたご家族の物語を、リフォームのポイントとともにご紹介します。

  • TOP
  • LIXILリフォームショップ 笠原建設 上越店

セカンドライフを楽しむ

旅好き夫婦がやすらぐ家
定年退職を機に将来を考えてリフォーム ホテルのような明るいワンフロアのお部屋に!

  • 断熱
  • バリアフリー

施工店 LIXILリフォームショップ 笠原建設 上越店

家族構成:2人 築年数:26年 工期:2ヶ月 費用:1070万円

  • この施工店に問い合わせをする
  • この施工店の紹介ページを見る

新潟県上越市 阿部邸

お客さまの要望・こだわり

もともと水回りだけの予定でしたが、将来、足腰が弱ったときにも暮らしやすいよう、1階だけで暮らせる家を考えました。そしてできたのが、この間取り。壁を取り払ったり廊下を広くしたりして、ホテルのようにワンフロアで暮らせる家になりました。

施工店からワンポイント

部屋を区切っていた壁の一部を取り払って、ワンルームのようにしたこと。使用頻度の低い和室の面積を減らして、廊下を広くしたことが間取り上のポイント。将来的に、1階に寝室を移すことも考えた、バリアフリーの間取りです。

BEFORE → AFTER

BEFORE

AFTER

詳細は番号をクリック

壁を取り払って、個々の部屋が分かれている間取りから、ホテルのようなワンフロアの空間に。普段、あまり使わない和室を小さくして、廊下やトイレ・洗面スペースを広くしたことも特徴的です。ワンフロアで暮らしが完結する「ホテル風」がキーワード。

左手側にある和室を小さくすることで、廊下を広くしています。将来の使い勝手を考えての拡大ですが、現在はお孫さんたちの遊び場…

壁を取り払って、トイレと洗面スペースはひとつの空間に。旅先で泊まったホテルの多くがこのスタイルになっていて、「とても広々…

  • 2つの部屋を区切っていた壁の一部を撤去。構造上、取り去ることのできなかった部分は、テレビを設置するスペースや収納棚…

  • キッチンを対面式に変更したことで、ダイニングも広々とした空間に生まれ変わりました。開放感を大切にするため、照明も吊…

  • 以前はピアノの部屋として使っていましたが、ピアノを弾く2人の娘さんたちが独立したため、ピアノを撤去してリビングスペ…

  • 廊下の拡大のため、面積を縮小した和室には、琉球畳を採り入れました。畳のまわりは板の間となっています。狭くはなったも…

  • 旅行好きなご夫婦は、旅先で気に入った絵を見つけては買って壁に飾っていました。そこで、ピクチャーレールを各所に設置。…

  • 昔ながらの深くて狭いお風呂から、最新式のユニットバスにリフォームした浴室。「始めは浅めの浴槽に違和感があったが、慣…

施主様の声

平成元年にこの家を建てたときは、ほとんど大工さんにお任せで、結果的にとても男性目線の家になってしまい、妻には使い勝手の悪い思いをさせてしまいました。LIXILリフォームショップ 笠原建設 上越店さんにリフォームをお願いしたのは、女性の意見を取れ入れた家にしたかったからです。当初は水回りだけの予定でしたが、娘たちの薦めもあってバリアフリーも考慮。将来の暮らしを考えて、担当の青柳さんと一緒に間取りを考えていきました。友人に話をすると「継ぐ人のいない家をリフォームするのはもったいない」という意見もありましたが、まだまだ長く住む家です。自分たち好みのテイストの使いやすい家になって、本当によかったと思います。

このリフォームを誰に贈りたいですか?

今回のリフォームは、夫婦2人がいつまでも快適に暮らしていくための「お互いへのプレゼント」ですね。このリフォームは私たち夫婦のために行いましたが、実はその後、近くに暮らす母と弟にリフォームを贈ったんです。自分たちの家が綺麗になって、母や弟はもちろん、母の介護に来るヘルパーさんにも快適に過ごしてほしいなと、水まわりをリフォームしました。

リフォームを贈ろう。

わが家の宝もの「結婚準備のときに買ったお鍋の“蓋”」

この蓋は、42年前に結婚準備のときに買ったお鍋のもの。お鍋本体はベコベコになってしまったため、20年ほど前に捨ててしまいましたが、なんだか名残惜しくて蓋だけは残しておいたのです。蒸し鍋の蓋にちょうどいい大きさと形をしているので、今でもよく使っています。他人から見れば「こんなの宝ものなの?」と思うかもしれませんが、新婚当時や娘たちが赤ちゃんのときからの思い出が詰まったもの。40年以上も私たち夫婦と2人の娘を支えてきれくれた、お金では買えない、かけがえのない立派な宝ものです。本当に壊れて使えなくなるまで、ずっとずっと使い続けていきたいと思っています。

施工店担当者の声

LIXILリフォームショップ
笠原建設 上越店

担当:青柳 由美

当初は水回りの使い勝手や、冬の寒さを改善したいとお声がけいただきましたが、娘さんたちの薦めもあって、バリアフリーの家を一緒に考えていきました。旅行好きな阿部さんご夫婦の希望は、ホテル風の家。そしてできたのが、シンプルで明るいワンフロアの間取りです。部屋のどこにいても家族の息遣いが聞こえるのは、ワンフロアならでは。窓に二重ガラスのアルミサッシを採用し、冬の寒さにも対応しました。リフォームは、施主様と施工店が一緒になって理想の住まいを考えていくことが大切。阿部さんのお宅のときも、じっくり時間をかけて作っていきました。私自身、家が大好きなので、いつも楽しみながら考えています。

このリフォームで活用したLIXIL商品のご紹介

  • 洗面化粧台

    ピアラ(INAX)

     

    ピアラHPへ

  • トイレ

    サティス(INAX)

     

    サティスHPへ

  • ユニットバス

    キレイユ(INAX)

     

    キレイユHPへ

  • 玄関ドア

    リシェント(トステム)

     

    リシェントHPへ

  • インテリア建材

    ウッディーライン(トステム)

     

    ウッディーラインHPへ

  • 床材

    ハーモニアス12(トステム)

     

    ハーモニアス12

  • サッシ

    シンフォニーマイルド(トステム)

     

    シンフォニーマイルドHPへ