LIXIL presents わが家のリフォーム物語
BS 日テレ にて 2014年1月~2015年3月放送

“ 家の数だけドラマがある ”・・・リフォームで新しい暮らしを手に入れたご家族の物語を、リフォームのポイントとともにご紹介します。

  • TOP
  • LIXILリフォームショップ ライファ立川

こだわりリフォーム

大好きなアンティークに囲まれて暮らす家
親から継いだ築60年の家を全面リフォーム 夫婦2人の理想の“わが家”ができました!

  • 耐震補強

施工店 LIXILリフォームショップ ライファ立川

家族構成:2人 築年数:約60年 工期:5ヶ月 費用:1300万円

  • この施工店に問い合わせをする
  • この施工店の紹介ページを見る

東京都杉並区 芝田邸

お客さまの要望・こだわり

住環境が悪く、ずっと使っていなかった実家を、リフォームして住むことにしました。間取りやデザインは、施工店さんにすべてお任せ。私たちの趣味や暮らし方をよく聞いてくださったおかげで、狭い空間を最大限に使った理想的な家ができました。

施工店からワンポイント

限られた面積の中で、広く快適な住空間を作り出すため、リビングを2階にした、大きな傾斜屋根のある家にしました。リビングを2階にすることで、明るい光が差し込むと同時に、大屋根ならではの広々とした空間を実現しています。

BEFORE → AFTER

BEFORE

AFTER

詳細は番号をクリック

昔ながらの日本家屋を、構造だけを残して全面リフォーム。耐震補強を施し、1階に寝室とお風呂、トイレ、2階にリビングとキッチンを置いた洋風の間取りに変更しました。傾斜のある大きな屋根の下は、収納として活用できるロフトになっています。

大きな傾斜屋根が特徴出来な外観。躯体は残しているものの、外壁はすべて作り直しているため、リフォーム前の面影はまったくなく…

大屋根の傾斜が、そのままでデザインに生かされたリビング。あえて梁を見せることで、ナチュラルな雰囲気を作り出しています。築…

  • 梁の一部は、元々あった躯体を“見せるデザイン”としたもの。大屋根の下のスペースは、広いロフトとして活用しています。決し…

  • リビングの一角には、ボタニカルアート(植物画)の教室を開いている奥様が、作品を描くアトリエが設けられています。右利…

  • 作りつけの食器棚のある、収納豊富なキッチンは、屋根下に設置されたカウンターと壁に貼られたタイルがこだわり。カウンタ…

  • 家の中の照明器具は、すべてアンティークのもの。口金の形状から賃貸に住んでいたときには使えなかったものが、ようやく使…

  • ナチュラルな雰囲気に、大きく貢献しているフローリングは、一見すると古材に見えますが、栗の無垢材を使った「アンティー…

  • 1階にある寝室は、ヨーロッパの古民家のような雰囲気。構造上、取り去ることのできない柱を利用して、窓の両横に本棚が作…

施主様の声

賃貸に住み続けるのがいいか、妻の実家を住み継ぐのがいいかを考え、家を継ぐことにしました。建替えではなくリフォームをしたのは、再建築ができない場所であるため。夫婦2人ともアンティークや自然素材のものが好きで、古い家具を集めていたので、目指したのは、ナチュラル・アンティークの家です。LIXILリフォームショップ ライファ立川さんは、私たちの趣味や志向をよく理解してくださって、古い梁を見えるようにしたり、アンティーク調のフローリングを探してくれたりと、素敵な家に仕上げてくれたと感謝しています。アンティーク家具との雰囲気もよく合っていて、家具たちも喜んでくれたのではないでしょうか?ようやく落ち着いて暮らせるようになりましたね。

わが家の宝もの「ボタニカルアートで受賞したゴールドメダル」

現在、ボタニカルアートの教室を開催している私が、講師となるきっかけになった賞が、このRHS(英国王立園芸協会)のゴールドメダルです。ボタニカルアートとは、大きさや細部に至るまで忠実に描く植物画のこと。夫が英国駐在していたとき、このアートに出会い、いつしか講師を目指すようになりました。そして、帰国後の2008年にこのゴールドメダルを受賞。徐々に講師としての活動をはじめました。

今は、吉祥寺のギャラリーとリフォームをしたこの自宅で教室を開催し、35人もの生徒さんがきてくれています。今の私があるのは、このゴールドメダルのおかげ。何にも代えがたい、宝ものです。

施工店担当者の声

LIXILリフォームショップ ライファ立川

担当:蓑田 常弘

私がいつも自信を持って提案しているのが、2階のリビングです。眺望のよさや採光性はもちろんですが、傾斜屋根にすることでデザイン性の高さと大空間が両立できます。芝田さんのお宅は、再建築不可の土地柄からリフォームを選択されましたが、木造建築は建替えではなくリフォームがオススメ。木材は、製材して100~150年で強度のピークを迎えます。20~30年で取り壊してしまうのは、実にもったいないのです。なお、リフォーム時に追加した梁には、“節”のある木材を使用しました。デザイン的にもユニークな上、強度も高い素材です。最近では、高気密・高断熱が重視されますが、風通しよく設計された木造住宅は、住みやすく健康にもいいと考えています。

このリフォームで活用したLIXIL商品のご紹介

  • キッチン

    リシェル(サンウエーブ)

     

    リシェルHPへ

  • 玄関ドア

    ジエスタ(トステム)

     

    ジエスタHPへ

  • サッシ

    デュオPG(トステム)

     

    デュオPGHPへ

  • バルコニー

    ビューステージHスタイル
    (トステム)

     

    ビューステージHPへ

  • 窓シャッター

    イタリヤ(トステム)

     

    イタリヤHPへ