LIXIL presents わが家のリフォーム物語
BS 日テレ にて 2014年1月~2015年3月放送

“ 家の数だけドラマがある ”・・・リフォームで新しい暮らしを手に入れたご家族の物語を、リフォームのポイントとともにご紹介します。

  • TOP
  • LIXILリフォームショップ 熊本装新

こだわりリフォーム

娘と生まれてくる孫に贈る家
家族で住んでいた家を娘夫婦にプレゼント。子育てに最適な新しい“わが家”になりました。

  • 断熱
  • バリアフリー

施工店 LIXILリフォームショップ 熊本装新

家族構成:2人 築年数:約34年 工期:2ヶ月 費用:1530万円

  • この施工店に問い合わせをする
  • この施工店の紹介ページを見る

熊本県熊本市 田口邸

お客さまの要望・こだわり

まず、要望したのは防音性。国道のバイパスに面しているため、騒音・振動が大きかったためです。他には、対面式キッチンのある明るいLDKと、使いやすい動線をリクエスト。出産間近の娘が、子育てしやすい家を考えていきました。

施工店からワンポイント

防音に関しては、壁に防音対策を施し、サッシも入れ替えることで対応しました。また、壁の位置を動かしてLDKを拡大。玄関やお風呂・洗面スペースを広くするため、増築も行っています。トイレを広くとるなど、将来を考えたバリアフリー設計もポイントです。

BEFORE → AFTER

BEFORE

AFTER

詳細は番号をクリック

和室だった部分にキッチンを移動。LDKには、家の強度のバランスを取るために新たに壁を設置しました。お風呂と洗面スペース、玄関は増築により面積を拡大。小さな子供への付き添い、そして将来のご両親との同居も見据えて車いすで入れるよう、トイレを広く取りバリアフリーに配慮しています。

新築当時の流行にあわせて作られていた外観は、重厚感がモダンなデザインにリニューアル。2階に新たなベランダを設置したり、玄…

和室があった部分にキッチンを移動し、ゆったりしたダイニングキッチンを作りました。壁と天井は白、フローリングに明るい木目を…

  • キッチンは、白い木目の対面式キッチンを選択。昇降式の吊り戸棚や、電子レンジや炊飯器が置ける収納を設置して、使い勝手…

  • 従来は、奥のダイニングキッチンと、ひと続きになっていましたが、ダイニングキッチンとリビングを2つのスペースに分割。壁…

  • 狭く暗かった玄関は、増築によって空間を拡大しています。正面の壁には、飾り棚を作り、その下には、スケートボードをディ…

  • 狭かったお風呂と洗面スペースも、増築して広くなった部分のひとつ。浴槽も一回り大きくなり、足を伸ばして入れるようにな…

  • トイレのスペースは、リフォーム前よりも広くなっています。キッチンと同じく、長く住まうことを考え、車いすでも入れるよ…

  • 1階の和室は洋室にリフォームして、夫婦の寝室に。押入れを廃止して、手持ちのタンスを設置するスペースに充てました。2…

施主様の声

元々、両親と二世帯で住むためにリフォームを考えていましたが、両親が介護のため祖母の家で暮らすようになり、私たち夫婦が住むことになりました。今までは、家の中が物で溢れていたり、壁や天井がタバコのヤニで汚れていたりと、掃除するのも嫌なほどだったのが、新築のように綺麗になって、とっても快適です。綺麗な状態を維持するために、以前よりも、まめに掃除をするようになりました。実は、私はあとひと月ほどで出産予定。新しくなった家で、家族3人の新生活が始まります。この家をプレゼントしてくれた両親には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

わが家の宝もの「リフォームに合わせて買ったダイニングテーブル」

このダイニングテーブルは、リフォームに合わせて買いました。父と2人で素材や色などを選んだ、セミオーダーのテーブルです。天板にガラスのスリットが入っていたり、足がアシンメトリーになっていたり、ユニークなデザインが気に入って購入しました。このテーブルに使われている木材は、年月とともに徐々に色が変わって味が出てくるそう。もうじき生まれてくる子どもの成長とともに、テーブルの色も変化していくのかなと、今から楽しみにしています。ずっとずっと使っていきたい、私たち家族の大切なテーブルです。

施工店担当者の声

LIXILリフォームショップ 熊本装新

担当:萩原 一郎

築34年とそれほど古くなく、躯体も傷んでいないことや、廃棄物を抑える観点から、建替えではなくリフォームを選択されました。建替えでは、解体や登記申請、引越しでお金がかかりますから、リフォームの方が経済的でもあります。リフォームを考える方の中には、「お風呂がダメになったから、今回はお風呂を新しく」と考える人もいますが、一箇所だけをリフォームしても、すぐにまた追加工事の必要がでてきます。そのため、将来必要になる部分も一緒に考えることが大事。また、若い人でも、将来を見据えたバリアフリー化を行うことをオススメします。「今、必要な家」だけでなく、「将来にわたって暮らす家」を考えることが大切なのです。

このリフォームで活用したLIXIL商品のご紹介

  • キッチン

    リシェル(サンウエーブ)

     

    リシェルHPへ

  • ユニットバス

    キレイユ(INAX)

     

    キレイユHPへ

  • トイレ

    アステオ(INAX)

     

    アステオHPへ

  • 洗面化粧台

    ピアラ(INAX)

     

    ピアラHPへ

  • 玄関ドア

    ジエスタ(トステム)

     

    ジエスタHPへ