LIXIL presents わが家のリフォーム物語
BS 日テレ にて 2014年1月~2015年3月放送

“ 家の数だけドラマがある ”・・・リフォームで新しい暮らしを手に入れたご家族の物語を、リフォームのポイントとともにご紹介します。

  • TOP
  • LIXILリフォームショップ 笠原建設 新潟店

セカンドライフを楽しむ

娘がリフォームを贈った家
娘から両親へリフォームのプレゼント。和室中心の家がナチュラルテイストの明るい空間に!

  • 断熱
  • バリアフリー
  • 収納

施工店 LIXILリフォームショップ 笠原建設 新潟店

家族構成:2人 築年数:約40年 工期:約2ヶ月 費用:660万円

  • この施工店に問い合わせをする
  • この施工店の紹介ページを見る

新潟県新潟市 矢川邸

お客さまの要望・こだわり

両親が暮らす築40年の家は、一つひとつの部屋が狭く、冬の寒さも厳しかったため、高齢の2人にとって暮らしづらい家だと感じていました。そこで、広いLDKを中心とした間取りへの変更を提案。暖かくて、高齢の両親が暮らしやすい動線の家をリクエストしました。

施工店からワンポイント

大きな変更点は、ダイニングキッチンと和室を統合して、ひとつの広いLDKにしたこと。隣の寝室とトータルで考えて、朝起きたときからの動線を考慮した設計にしました。また、いつでも洗濯物が干せるよう、サンルームを提案。明るさと広さを両立しています。

BEFORE → AFTER

BEFORE

AFTER

詳細は番号をクリック

ダイニングテーブルやソファの位置も決めた上で、暮らしの動線を考慮したLDKの間取りを設計。増築はしていないものの、デッドスペースを効率よく活用して収納を設置し、収納性と広さを両立しています。サンルームも新たに設置された部分です。

※間取り図はリフォームした部分の抜粋です。

2つの部屋を統合して生まれた広いLDKは、キッチンの場所を変え対面式に。照明の配置にもこだわったため、効果的で雰囲気のよい明か…

寝室とキッチンの間にあるLDKの壁には、PCデスクと収納棚、クローゼットを配置しました。クローゼットにロールスクリーンを採用し…

  • LDKの窓に採用したハニカムシェードは、ハニカム構造(蜂の巣状)の断面が窓の室内との間に空間を作り、断熱効果を生み出…

  • LDKとつながるお庭に、サンルームを設置。雨の日でも明るく温かい空間で、洗濯物が干せるようになりました。ポイントは、…

  • 対面式になったキッチンは、奥様のこだわりが凝縮された場所。小柄な奥様に合わせて、ワークトップを低めにし、家事がしや…

  • キッチンでこだわった収納のひとつが、コンロ奥の壁際に設置されたスライド式キャビネット。15cm幅のこのキャビネットに…

  • 奥様が寝室として使っている、LDKに面した和室は、6畳を4畳半に変更しました。縮小した部分はクローゼットに充てて収納性…

施主様の声

40年にわたって家族を支えてきたこの家に、今住んでいるのは両親2人だけ。暮らしやすい間取りだったとは言えず、冬の寒さも厳しかったため、前から「もっと快適な暮らしをしてほしい」と考えていました。そんなとき、母から「キッチンを新しくしたい」という話を聞き、一緒にリフォームを考えることに。両親は、ここまでのリフォームを考えていなかったようですが、結果的に暮らしやすくなって、満足してくれたようです。母は「初めて本当の老後が訪れたみたい。将来、ヘルパーさんのお世話になるようなときでも、この家なら安心して呼べる」と喜んでくれました。

わが家の宝もの「家族旅行の思い出が詰まった棚」

LDKにある棚に飾ってある家族写真やお皿などは、親子で海外旅行に行ったときのもの。両親が定年退職してから約10年は、ほとんど毎年、旅行に出かけていました。アメリカ、フランス、ドイツ、ケニア、タイ、フィリピン、オーストラリア……と、行った国は10以上。ここ数年は旅行に行っていませんが、各地での思い出は今も鮮明に覚えています。実はこの棚、もともとはディスプレイ用ではなく、本棚として使うために作ってもらったもの。押入れに眠っていた思い出の品を並べるのにピッタリで、そのままディスプレイ棚として使うことになりました。今ではすっかり「家族の思い出が詰まった場所」です。

施工店担当者の声

LIXILリフォームショップ
笠原建設 新潟店

担当:松澤 浩一郎

「ご両親に快適な暮らしを届けたい」。今回は、そんな娘さんの気持ちを叶えるためのリフォームでした。東京に住む娘さんと、電話やメールでやり取りをしながら生まれたのが、この形です。膝が悪く小柄なお母様にとって暮らしやすい動線を第一に考え、寝室からキッチンへの流れを作っています。LDKは対角線上に視線が伸びるように間取りを考えたり、サンルームの床をフローリングにしたりしてLDKとの連続性を持たせるなど、限られた空間を広く見せる工夫も取り入れました。私たち施工店は、「家の主治医」のような存在。気になること、改善したいころがあれば、気軽に相談していただきたいと思います。

このリフォームで活用したLIXIL商品のご紹介

  • キッチン

    リシェル(サンウエーブ)

     

    リシェルHPへ

  • サッシ

    シンフォニーウッディ(トステム)

     

    シンフォニーウッディHPへ

  • サンルーム

    ほせるんですⅡ(トステム)

     

    ほせるんですⅡHPへ