LIXIL presents わが家のリフォーム物語
BS 日テレ にて 2014年1月~2015年3月放送

“ 家の数だけドラマがある ”・・・リフォームで新しい暮らしを手に入れたご家族の物語を、リフォームのポイントとともにご紹介します。

  • TOP
  • LIXILリフォームショップ 大栄

古き良き物を住み継ぐ

父との思い出を宿した家
築110年「古民家の面影」を残したリフォーム。 趣味も楽しめる快適空間を実現しました!

  • 断熱
  • 耐震補強
  • バリアフリー

施工店 LIXILリフォームショップ 大栄

家族構成:2人 築年数:110年 工期:約6ヶ月 費用:1958万円

  • この施工店に問い合わせをする
  • この施工店の紹介ページを見る

長野県南佐久市 篠原邸

お客さまの要望・こだわり

将来、自分たちが高齢になったときのことを考え、1階だけで暮らしが完結する家を考えました。昔の面影を残すため、縁側や階段を残し、間取りもほとんどそのまま。老後を快適に過ごすための、明るくて風通しのいい家を考えました。

施工店からワンポイント

築100年を超える家のため、断熱性と耐震性の向上は必須でした。床や壁に断熱材を入れ、サッシは二重ガラスのアルミサッシに変更。耐震面では基礎を見直し、柱の入れ替えや梁の追加を実施しています。お部屋はもちろん、構造面でも大きくリフォームを行いました。

BEFORE → AFTER

BEFORE

AFTER

詳細は番号をクリック

昔の面影を残すため、間取りはほとんど変わっていないものの、LDKから縁側を通して「庭が見えるように」など、暮らしをよりよくする工夫が随所に散りばめられています。お風呂は移動して、農作業後に着替えができる、大きな勝手口を作りました。

外観は、壁の塗り直しを行い、玄関周りをリニューアル。新しくなった縁側のサッシを相まって、古き良き日本家屋の面影を残しなが…

対面式に変更したキッチンは、カウンターから家の中だけでなく、お庭まで見える眺めのよさがお気に入り。IHに変更したコンロの使…

  • 扉を開け放すと、奥の和室までが見通せる、広々とした風通しのいい空間に。冬は扉を閉めることで、暖房効率をアップさせる…

  • 100年以上にわたってこの家を支え続けている大黒柱は、リフォームをしても「絶対に残したい」と思っていた大切なもの。こ…

  • 「亡くなったおじいちゃんが好きだった場所」という縁側も、残したかった場所のひとつ。障子から、天井まである大きな二重…

  • 和室は、8畳から6畳に。縮小した部分は、床の間と仏壇を置くスペース、収納に充てました。縁側に面しているのがこの和室で…

  • 居間に面した和室のひとつを、夫婦2人の寝室にしました。開口部を広く取り、高齢になって足腰が弱くなったとしても、暮ら…

  • ここは、奥様が趣味であるお皿の絵付けを楽しむスペース。もともとは、「収納の一部に」と考えて設置された棚でしたが、椅…

  • 白で統一されたお風呂場には、手すりを設置するなど、セカンドライフを安心して暮らすための設備を設置しています。従来よ…

  • 玄関横には、洗濯機が設置された広めの勝手口が作られました。農作業から帰ってきたら、ここで着替えをして、汚れ物をすぐ…

施主様の声

東京に長く住んでいましたが、定年退職を機に一人で暮らす父との同居を考え、長野の実家をリフォームすることに決めました。当初は3人で暮らす家を考えていましたが、リフォームを待たずに父が急死。私たち夫婦の将来を考えた家にと、プランを検討し直しました。ここで考えたのは、高齢になっても暮らせるよう、1階だけで生活が完結できること、そして、父とこの家の面影を感じられるよう、間取りを大きく変えないこと。特に父が好きだった縁側は、絶対に残そうと思いました。自分が生まれ育った家に、こうしてまた暮らせるのは幸せですね。亡くなった父も、喜んでくれていると思います。

わが家の宝もの「娘が3歳のときに家族みんなで仕上げた絵」

この絵はもともと、ある画家さんが描いた、ラフスケッチの線画で、妻が気に入って買ったものでした。娘が3歳になったある日、「この絵に色を塗りたい」と言い出して、家族みんなで色付けすることに。その結果、予想以上にいい絵に仕上がって、私たち家族の宝ものになりました。家族みんなで、あんなに夢中になって絵を書いたのは、これが最初で最後。今でも、この絵を見るたびに、当時の思い出がよみがえってきます。今、25歳になった娘は、まだリフォームした家を見ていないので、新しい家で改めて3人でこの絵を眺めてみたいですね。

施工店担当者の声

LIXILリフォームショップ 大栄

担当:三石 博明

今回のお宅のように、耐震補強をともなう大規模なリフォームが増えているように感じます。それは、技術や建材が進歩したため、昔の面影を残したまま、断熱性や耐震性といった建物性能を向上させることが、できるようになったからです。実は今回も、建替えた場合の予算も提案しましたが、リフォームを選択されました。「どちらがオススメ」ということはありません。施主様の「住まい方」や重視するポイントをヒアリングし、形にするのが、私たちの役目。「こんな家に住みたい」、「ここにはこだわりたい」など、理想の住まいをまずは聞かせてください。

このリフォームで活用したLIXIL商品のご紹介

  • キッチン

    リシェル(サンウエーブ)

     

    リシェルHPへ

  • ユニットバス

    キレイユ(INAX)

     

    キレイユHPへ

  • トイレ

    サティス(INAX)

     

    サティスHPへ

  • 洗面化粧台

    エルシィ(INAX)

     

    エルシィHPへ

  • 玄関引戸

    エルミナ(トステム)

     

    花伝HPへ

  • サッシ

    シンフォニーウッディ(トステム)

     

    シンフォニーウッディHPへ

  • インテリア建材

    ウッディーライン(トステム)
    ファミリーライン(トステム)

     

    インテリア建材HPへ